坂爪康太郎

多様な相関関係をテーマに、電動ろくろでかたちづくった形状を変形させたり繋いだりすることで「表裏」や「内外」などを感じさせる陶磁器の仮面彫刻を制作している。陶芸教室「P&A Pottery class」の主宰も務める。